設立趣旨・理事長挨拶

財団について

設立の趣旨と経緯

平成30年度 大遊協奨学金受給証書交付式の写真

当財団は、大阪府内の留学生に対する奨学金支給事業、社会見学会・日本文化体験会などの国際交流事業、在阪外国人が犯罪・事故などの被害に遭わないための啓発活動などを行い、国際都市大阪の発展に寄与することを目的に平成3年7月に設立されました。

設立母体の大阪府遊技業協同組合(大遊協)は、パチンコ・バチスロ店を営業している業界団体で、企業の社会的責任(CSR)として利益の一部を社会に還元する活動を行っており、その一貫として当財団を設立しました。

その後、公益法人改革で、平成24年10月1日にこれまでの財団法人よりも厳格な運用が求められ、公益・公信性の高い「公益財団法人」に大阪府から認定されました。
現在では、ガバナンス(統治)機構として有識者で構成する評議員会・理事会の管理の下で運営されています。

※当財団の設立母体である大遊協の社会貢献活動の詳しい内容は、「大遊協ホームページ」をご覧ください。

理事長挨拶

理事長 高島 洋

留学生の皆さんには、留学目標を達成し、将来は母国と日本の「懸け橋」となることを期待します。

当財団は、平成3年7月19日に大阪府遊技業協同組合(大遊協)が企業の社会的責任の一環として大阪府及び大阪府警察から許可を得て設立されました。
その目的は、在阪外国人に対して「奨学金支給事業」「国際交流事業」「犯罪被害防止啓発活動」などを行い、国際交流に寄与しようとするものであります。
設立時やその後の運営では、多くの皆様方のご支援を頂き、お陰様で27周年を迎えることができました。

平成4年に5名からスタートした奨学金支給事業は、支給人員が約380名を数えています。
この他に史跡や企業などを訪問する社会見学会、パンフレットや映像を活用した犯罪・事故被害防止啓発活動、在阪総領事館との意見交換会などを実施しております。

こうした事業が国、大阪府などから高い評価を得て、文部科学大臣、大阪府知事、大阪府警察、大学から表彰状や感謝状を授与されました。私どもは、今後も日本と在阪外国人の母国との「懸け橋」となる人材育成、国際交流などの新たな企画にも果敢に挑戦する所存であります。

皆様方のご支援、ご助言を心からお願い申し上げます。